「ことばのポトラックvol.1」 絶賛発売中!

2011年3月11日に起きた東日本大震災から16日後の3月27日、大竹昭子の呼びかけで、サラヴァ東京(東京/渋谷)にてスタートしたことばを持ち寄るこころみ。第一回目には13人の詩人と作家たちが参加して感動的な会になりました。( potluck = 「持ち寄る」)

2018年2月1日木曜日

写真家の志賀理江子さんをお迎えして「ことばのポトラック vol.15」 - 大震災から今まで、言葉になること、ならないこと - を開催します!

7年目に入る「ことばのポトラック vol.15」では、はじめて、東日本大震災を仙台郊外で体験し、その後もその場所で暮し、制作をつづけている方をお迎えします。
写真家の志賀理江子さんは1999年ロンドンに留学、卒業後、各地でレジデンス制作をしたのち、名取市北釜の海辺の松林に魅了され、帰国を決めてそこにアトリエを構えました。地域のカメラマンとして記録活動し、制作をはじめた途上で、東日本大震災に遭い、多くのものを失います。
7年の時間がたったいまだから話せることがある、と志賀さんは言います。震災と暮らし、写真と記憶、制作することと生きることなど、すべてが複雑に重なり合り、切り離すことができないご自身の現在を語っていただきます。
用意された言葉ではなく、対話をとおして言葉が生まれる瞬間に立ちあえるのが「ポトラック」です。思考力と瞬発力の両方をあわせもつ志賀さんの言葉を、ぜひ聞きにきてください。


ゲスト:志賀理江子(写真家)
司会進行:堀江敏幸・大竹昭子

◎日時:2018年3月11日(日)
    13時半開場 / 14時開演

◎会場
サラヴァ東京 渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビルB1

◎参加費
2.000円(お茶付き)

◎ご予約受付中
電話 03-6427-8886(受付時間:お店の休業日を除く 16:00 ~19:00 )

*終了後、出演者が推薦する書籍を出版社から提供いただいき、割引価格で販売する「本のポトラック」をおこないます。それらの収益と、入場収入の一部をあわせて、震災関連の活動に寄付いたします。


◆ことばのポトラック vol .15  予告編
(編集・磯﨑未菜)





2018年1月31日水曜日

ことばのポトラック vol .13
ダイジェスト映像アップ

「こういう場でもないかぎり、まず顔を合わることのない面々が、ことばを持ち寄ることで生まれる、不思議なエネルギーが感じられた「ポトラック」でした!(大竹昭子)



2016年5月29日(日)
ポトラックvol 13 ダイジェスト「まぶたを開いて夢をみる」

撮影・編集:
大川景子

出演:
宮沢章夫(劇作家・演出家)
植本一子(写真家)
卯城竜太(Chim↑Pom)
堀江敏幸(作家)
大竹昭子(作家)

司会進行:

堀江敏幸・大竹昭子